カテゴリー別アーカイブ: 番外編

下郷農協の小麦の産地を訪ねました(番外編~大分日記)

6月は麦の収穫月。GAIAの店頭でもおなじみ「耶馬溪素麺」「耶馬溪乾饂飩」の小麦の収穫が始まる頃、小麦の生産者グループ「麦部会」の松本さんにお話を伺いました。

「耶馬溪素麺」「耶馬溪饂飩」に使われる小麦は農協事務所からほど近い畑で農薬・化学肥料不使用で栽培されている。手がけるのは下郷農協の参事、松本聡雄さん率いる「麦部会」で、農協職員と地元の人たちの7人で構成されるグループだ。


「麦部会」発足のきっかけは下郷農協に牛乳を提供していた酪農家の一人が引退したことに始まる。標高400mのところにある鎌城という集落の一角、8ヘクタールもの土地が余ることとなった。「こんなにいい場所をほたっておくのはもったいない。小麦栽培に利用できないか」と松本さんは考えた。


というのも当時、人気商品だった「耶馬溪饂飩」の生産が途絶えて3年ほど経っていた。地元で小麦を作る人がいなくなってしまったからだった。


小麦栽培は米の裏作として行われていたが、多くの農家が兼業へ移行していく時代の流れで、裏作がなくなり生産数が減っていった。しばらく、県外の小麦で饂飩の生産を続けた時期もあったが、商品名は「耶馬溪饂飩」。産地は表示していても購買者の誤認を招く恐れがあり、商品の生産をストップせざるを得なかった。


60年以上も安全な食材を提供してきた下郷農協へ絶大な信頼を寄せる購買者は少なくない。そんな方たちのためにも、いつか地元産の小麦で再開させたいとの思いは、松本さんの中にずっとあった。


また酪農を引退して、地域や農協とのつながりが減っていった原さん(現在麦部会メンバー)のことも気がかりで、なんとか元気づけたいと思っていた。さらに、日ごろデスクワークが中心の農協職員に、生産の現場を体験してほしいとの思いも。それら全てが「自分たちで小麦栽培を手がける」原動力になった。そうして、少しずつ準備を重ね、2011年に栽培を開始する。

酪農家の数は年々減っていて、一番多かった頃の20軒から現在は7軒までに減少。それでも下郷農協の中心は今でも酪農で、代表商品「耶馬溪牛乳」は、市内や近隣の大型スーパーにも並ぶ。牛乳を使ったカフェオーレやプリン、さっぱりとした美味しさのアイスクリームも人気。

畑は農協事務所から車で10分ほどの場所。山のてっぺんで空が近い。

畑を案内してくださった松本さん
一粒が大きくて立派な小麦粒。品種は「チクゴイズミ」。中力の地粉になる。

収穫が終った畑。収穫後の麦わらは牛の飼料となる。そして牛の糞は堆肥に。


メンバーは普段の仕事が休みの時を利用して集まる。
「お金のためではなく、人との交流や収穫後の打ち上げを楽しみに」と松本さんが言うように無理に収量を上げることはしない。利益や生活の糧のためであれば今のようには続けていけないだろう。

それでも化学肥料や農薬を使わないゆえの大変さはある。草取りは、正月明けと2月の後半の2回。寒い時期の作業だ。「収穫の喜びだけでなく、きついことも大変なことも含めてその過程を一緒に楽しめれば」と松本さん。


生産を続けるうちに、新しいアイデアも生まれた。
メンバーだけで行っていた収穫後の打ち上げを、どうせなら多くの人を巻き込んでやろうと数年前から始めたのが「そうめん流し」だ。地元新聞にも掲載され話題になった。

「いつやるのか」農協への問合せが増えたため、年末に配る農協カレンダーに載せることになった。今年は7月23日。

昨年の参加者は200人ほど。50mの距離を流れていく素麺をつかまえようと子供も大人も夢中になる。

 


数年前からは強力粉用の麦の栽培も始めた。知人の紹介で縁がつながった岡山や東京にあるこだわりのパン屋さんで使われている。

少し黒っぽいのは強力粉になる小麦。


「お客様に安全な地元産の小麦でできた麺を提供したい」、「仲間を元気付けたい」、「生産の苦労と喜びを共に体験したい」、「収穫の喜びを皆で分かち合いたい」、松本さんの、ひとつひとつの誰かへの思いが、今の麦部会の活動につながっている。

小麦の加工品は冷凍饂飩から始まって、素麺、乾饂飩へと増えていった。小麦の風味とモチモチとした食感が特長。

耶馬溪素麺250g」 「耶馬溪乾饂飩250g」はGAIAネットでも好評発売中です。各480円(税込)。

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記, 未分類, 番外編 | コメントをどうぞ

生命平和 正木高志

 正木高志さんの本 生命平和 108円

『empty sky 』正木高志さんによる、ふくしま文庫出版本の第二段です。今何が起こってるんだろう?平和のためにできることってなんだろう?この本を読めばきっと答えがみつかります。

ひとりでも多くの人に読んでもらいたい
そんな気持ちが詰っています。だからきっと108円。

自分にできそうなこと・・・考えてみた。
まずはこの本を家族や友人にプレゼントして読んでもらう。
感想をシェアする。

正木さんたちの農園
アンナプルナ農園のお茶を買うのもいいと思いました。
おいしいし。支援になるのかもと思うのです。
緑茶ほうじ茶があります。ぜひ!

カテゴリー: お茶の水店, 番外編, 本の紹介 | コメントをどうぞ

第23回 アンチヘブリンガン 復興支援バザーのお知らせ1/21(土)

アンチヘブリンガンで第23回目の復興支援バザーを開催します。

↓前回のバザーの報告など、ご案内チラシ クリックで拡大表示します。

baza_600

 

カテゴリー: お知らせ, お茶の水店, 番外編 | コメントをどうぞ

チョコレートの出荷がはじまりましたので(番外編~大分日記)

久しぶりに伊勢原のGAIA倉庫に来ています。
dsc_0985

dsc_1005 秋冬限定のチョコレートの出荷が始まった倉庫の棚。
チョコレートがずらりと並びます。写真は出荷後で少しまばらですが……。

dsc_1006dsc_1004
PeopleTreeのチョコレートが特に人気です。
dsc_0982

朝食のおにぎり。

dsc_0989
午前中の作業の後はみんなでまかない。新米のご飯が美味しくて食がすすむすすむ。
午後からの長丁場に備えてエネルギーチャージです。

img_2903
天ぷらの日。低温で20分じっくり時間をかけて揚げたサツマイモは焼き芋みたいにホクホク♪
スタッフが作ってくれました。

dsc_0988
出張スタッフの朝食。ねぎたっぷりの味噌汁と鋳物で焼いた目玉焼き。

dsc_0990
カレーの日。社長の手作りまかない。半熟の煮卵を乗せて。
絶妙な茹で加減のブロッコリーは塩だけで美味しい!

窓からみえる里山の風景を眺めながら、いつもより食欲が旺盛になってしまい、
ついつい食べ過ぎてしまうのでした。

dsc_0983

次回OPEN倉庫は11月13日(日)です。

種類が豊富でたくさん並んだチョコレートは圧巻の眺めです。(いいすぎ?)
山も今の景色よりもう少し色づいているはず。ぜひ遊びにいらしてくださいね~♪つきたて玄米餅のふるまいあります!

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記, 未分類, 番外編 | コメントをどうぞ

座間宮ガレイさんの超初心者お勉強会

10/23(日)にGAIA食堂にて、座間宮ガレイさんの超初心者お勉強会がありました

始まる前に、ちょっとした?手違いにも
臨機応変に対応してくれたガレイさん。
厨房に入ってお勉強会がスタート。まるで「ガレイ食堂」?!

10%e6%9c%88-010

日本各地でおっかなびっくり層とお勉強会をすることによって、どんどん進化しているようです。
以前、感じた印象と違って、会ってみたら、ソフト~&面白~い!

一方的にメディアなどで感じる印象ってあんまり当てにならない?
実際あってみて、話してみて、感じることが大切だ!

おっかなびっくり層は、「選挙のお勉強会」なんて、ハードルを感じるかもしれないけど
そのハードルを驚くほど下げてくれるし、面白い。笑ってばっかりいた。

しかも、ちゃんと?!話してくれることは、なるほど!と思える。

 

そして、また、次のステップをガレイさんから教えてもらいたいと思った。そんな会でした。
ほんと、たのしかった~~

今度は、新聞の読み方のレクチャーをお願いしたい。

当日、受けたことある人が参加してくれましたが人生が変わったそうです。
今では新聞を読むのが楽しくて仕方ないって
え~!!そんなことある??楽しみ~~!!

私も、朝起きて、新聞が読むのが楽しみで仕方ない人になりた~い!!

ガレイさん、ありがとうございます。
そして、参加してくださった皆さん、ありがとうございます。

10%e6%9c%88-028

カテゴリー: お茶の水店, セール&イベント, 番外編 | コメントをどうぞ

【太陽の蓋】観てきました。

【太陽の蓋】観てきました。

10%e6%9c%88-006

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故が発生した2011年3月11日からの5日間を題材にした登場人物が実名のドキュメンタリードラマです。

10%e6%9c%88-007

映画を作ったのは、
普段はエンターテーメントや恋愛映画などを作っている人たちで、いわゆる社会派ではないとのこと。その人たちが、一歩前に踏み出して作った映画。
すごい覚悟で作ったと思います。とてもご苦労があったと想像します。そしてやり遂げたってすごいです。

映画を観て、福島第一原子力発電所事故現場の責任感ある人たちのお蔭で、ギリギリ、まだ、私たちは日本に住めているのかもしれないと思うと言葉になりません。
あの時発令された「原子力緊急事態宣言」は解除されていないのです。
全然、終わってないのはわかっていたけど、改めてなんにも終わってないことを感じました。

安全だと信じ込まされていた日本人。本当のことを知らないのは日本人ばかり…

こんなことが繰り返されないために、自分たちにできること。
沖縄、鹿児島や新潟が出したように選挙で答えを出していくことなんじゃないかと思いました。
やるっきゃない!

この映画を観た次の日、新潟県知事が米山さんに決まり、嬉しくて新潟の人たちに感謝しました。

関東ではもうあまり上映していませんが
自主上映をする団体もあるようです。チェックして、ぜひ観てくださ~い!

カテゴリー: お茶の水店, 番外編 | コメントをどうぞ

あたらしい憲法草案のはなし

国民投票の制度知ってますか?
第一次、安倍晋三政権の時代に、びっくりな法律を定めました。

全有権者の過半数ではなく、投票総数の過半数なのです。
投票率の低い日本では、本当に危ない!

あたらしい憲法草案のはなし 800円 

お茶の水店で絶賛発売中!

6月 010
この本は自民党の憲法改正草案について、わかりやすく解説したものです。

ありがたいことに?
少し読んだだけで、こんなの絶対ダメじゃん!ってわかる。
笑っちゃうくらい、おかしな草案。
一つでも、二つでも、伝えられるよう勉強しませんか?
まだ、知らない人に知らせていきましょう

戦争は始まったらなかなか止まりません。
始まる前にできること。ひとりひとりの手の中にあります。

どう思われようと、何を言われようと、本気でやらなきゃいけないことがある。と思いませんか。

カテゴリー: お知らせ, 番外編, 本の紹介, お茶の水店 大切なお知らせ | コメントをどうぞ

第22回 アンチヘブリンガン 復興支援バザーのお知らせ7/16(土)

アンチヘブリンガンで第22回目の東北復興支援バザーを開催します。

前回、2016年3月26日のバザーでは120,319円の売上がありました。たくさんのお客様にご来場いただきましたことお礼申し上げます。

東日本大地震で大きな被害を受けた宮城県東松山市への復興義捐金、南三陸地域の女性たちの活動を支援するNPO法人ウィメンズアイへ各6万円の寄付をしました。

また、4月16日に発生した熊本県上益城郡甲佐町の方々に町役場を通じて義捐金をお届けすることにいたしました。

甲佐町は熊本県中央部、九州山地の標高が高い地域です。
余震が続くなか集中豪雨にみもみまわれ、道路の復旧、仮設住宅の整備も遅れている状況です。

みなさまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

当日、アンチヘブリンガンはお食事は休業で、ビールとコーヒーの販売があります。
掘り出し物、たくさんあります!マイバックのご協力よろしく~~

GAIAお茶の水店では2階の晴れ屋カフェでランチが召し上がれますので、よろしければ利用くださいね。

日時:7月16日(土)
11~16時

会場:食堂アンチヘブリンガン
千代田区猿楽町2-7-11ハマダビルヂング2F
TEL:03-5280-6678

JR水道橋駅より徒歩3分
神田神保町駅より徒歩10~20分
(都営三田、新宿/半蔵門線)

カテゴリー: お知らせ, お茶の水店, 番外編 | コメントをどうぞ

憲法肯定デモってどうだろう(3)

憲法肯定デモってどうだろう(3)

循環だより2016/4/25~5/7

このぼくの問いかけに対して約20名の人々から感想が寄せられた。振替用紙の通信欄、電話、ファックス、地元の会員の人とは会話の中で。

約150名の循環農場会員の中には、国会前にやむにやまれない気持ちで駆けつけている人達が幾人もいることは知っている。その人々にとってこの問いかけはどう届いたろうか。
なんで今、肯定デモなの?と感じた方もいたのではないか。
「ぼくもやっと重い腰を上げたから、皆さんも国会前に行きませんか」という呼びかけならまだしも、どうしてと。
もし、不快な思いをさせていたら、ごめんなさい。国会前に集まっている人々に注文をつけたわけではないし、そんな失礼なことを言うつもりもない。

ぼくが声をかけたかったのは、安倍政権の言動に危機感を抱きながらも、それをどう表現すればいいのか悩んでいる人々、かつてデモに何度も参加したことがあるが、
さまざまな理由で、足が遠のいている人々、そもそもデモということに対して、違和感をかかえている人々など、それらの人々の中に、ぼく自身も含まれていて、この問いかけは、ぼく自身に対する問いかけ、呼びかけでもある。

寄せられた言葉の中から少し紹介したい。

・「肯定デモ」いいね!闘争的でない表現がいいです。“穏やかな力強さ”で安倍政権に抗議したい。
・「肯定デモ」すごく良い!反対運動に関わってきた人があらためて「肯定デモ」の提案をしてくれた事に重みを感じる。
・「肯定デモ」あっ!と視野が広がりました。発想が柔軟、笑顔でデモできそう。〝声を上げよう″というのも聞く者に訴える力が大きいなと思います。
・「いいね!」の発想すばらしいですね。柔軟性、静かなしんの強さを感じます。
・大賛成です。こんなデモっていいですね。私は声をあげるのが苦手で、ただただ歩くだけなのですが、これだったらいいいな。友人にも話してみますね。
・肯定的な言い方で意味を伝えていくのはささくれ立った気持ちが落ち着くようでいいと思います。「反対、許さない」の言葉の中に、それがあるとほっとするはずです。
・我が家の小さな孫(男です)が、「おばあちゃん、あべさんはせんそうをやるの」ときいてきます。何と答えたらよいのか悲しくなります。憲法肯定だとういうアピールに
賛同して孫たちに不安を与えない社会であってほしいです。
・憲法9条が覆ろうとしている・・・息子が戦争に行く姿が目の前のちらつき、絶対にイヤだ!と思った。声をあげなければ!と思った。
・ずっと否定的な言葉を聞くのがしんどかったデモ。それがいいね!って肯定デモがあっていいんじゃない?という言葉にホッとして、それやりたい!と思ったのでした。
こんな提案待っていた人、多くいるのではないでしょうか。
・国会前やら集会のたびにコールしたくないなというフレーズがたくさんあって、自分なりに言い替えたり、ムニャムニャしています。
・「憲法いいね」デモ、賛成です。ぜひ実行できたらいいですね。
・平和憲法いいね!9条いいね!主権在民いいね!ほんとうにほんとうにいいね!そうだね!「反対」はすごくコワイひびきです。全否定。

最後の方の声は、「反対」という言葉に強い拒否反応を持っているのが分かる。
それは違う。そんな意味で使っていないと言う人も大勢いるだろう。ぼくもそう思う。
しかし、「反対」という言葉に拒否反応を持っている人が大勢いるという現実も認めなければならない。
安倍政権に底知れぬ怖さと感じる。何とかその動きをいろいろな方法で止めなくてはと思う。
デモもそのうちのひとつ。デモはちょっと、と言う人々にも届くような、共鳴するような、肯定の呼びかけをしていきたい。
正義を振りかざさない、怒りと叫ばない、集団的示威行進ではない、穏やかなデモ。国会をとり囲む沢山の声に、もうひとつの声を加えたい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

5月初旬に小泉英政さんと相談会を予定しています。是非参加したいという方がいましたら連絡をください。
連絡はGAIAスタッフ山田まで。TEL:03-3219-4865

カテゴリー: お知らせ, お茶の水店, 番外編, 肯定デモってどうだろう | コメントをどうぞ

憲法肯定デモってどうだろう(2)

循環だより2016/4/6~21
憲法肯定デモってどうだろう(2)

1948年(昭和23年)生まれのぼくが学校で初めて憲法について習ったのはいつだったのかは想い出せない。
しかし、その時の印象は強く残っていて、憲法は光り輝いていた。

それまでの暗黒の時代、人々は軍国主義の流れにあらがえず、他国のどれだけの人々を殺傷したのか。
そして、この国のどれだけの人々が犠牲となったことか。

赤紙(紹集令状)が届くと、戦列に加わるしかなく、異を唱えた人は非国民とレッテルを貼られ、
特高警察によって過酷な尋問、拷問にあった。

だから憲法成立後に生れて良かったと心底思った。
そして、二度と戦争は繰り返してはならないとも。

憲法九条「国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

もっと易しい言葉で習ったと思うが、子供心に、いさぎよくかっこいいなと思ったものだった。

しかし、その後、ぼくはどれほど憲法を大事にして来たか。
国の繁栄の中で、憲法は空気のような存在になり、少しおろそかにして来たのではないかと言う気もする。

でも、自分の価値観の様なものの、その根源を土中に延びる野菜の根をたどるようにまさぐって行けば、その先に現憲法があるというのは事実だ。

ぼくは19歳の時、ベトナム戦争に反対して、非暴力の座り込みに参加し、逮捕された。
その座り込みを呼びかけたのは、去年亡くなった鶴見俊輔さんだった。

その日以来ずっと、さまざまな社会行動に参加して来たが、非暴力のあり方に疑問を持ったことはなかった。その根っこはどこにあったのだろうかと、色々考え、ガンジーでもない、キング牧師でもない、勿論、鶴見さんを含め、いろいろな人から影響を沢山受けているけれど、詰まるところ憲法九条だったのではないかと、最近気がついた。九条の非暴力の精神にぼくは導かれてきたのだと。

幾百万の犠牲者の魂は、憲法によって、憲法を守って行くことによって救済されるのではないか。
集団的自衛権は、根本において間違えていると思う。

安倍政権の言動を見ていると、また戦前のような状態に引き戻されそうな危惧を覚える。
ここで声を上げないと、大河の堤防が決壊した時のように、人々と生活と権利、そして平和が無残にも押し流されて行く気がする。すでに一部、決壊した。堤を守るには、もっともっと多勢の人々が多様な方法で堤を踏み固めることが必要だ。

安倍政権を中心に置くと、ぼくは肯定者で、世論調査においても国民の多数が肯定者、安倍政権が否定者だ。

もっと公然と、一人一人が声を上げよう。
平和憲法いいね!
変える必要ないね!
選挙は大事!
投票に行こう!

(つづく)→この呼びかけへの反応、具体的な進み具合について報告します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

循環だより、憲法肯定デモってどうだろうpart2が届きました。

憲法肯定デモ、平和な言葉を使って、
共に、声を上げて行きたいと思いました。

共感してくださった方、よろしければ、コメントください。

カテゴリー: お知らせ, お茶の水店, 番外編, 肯定デモってどうだろう | 3件のコメント