カテゴリー別アーカイブ: GAIAブログ番外編~大分日記

下郷農協の小麦の産地を訪ねました(番外編~大分日記)

6月は麦の収穫月。GAIAの店頭でもおなじみ「耶馬溪素麺」「耶馬溪乾饂飩」の小麦の収穫が始まる頃、小麦の生産者グループ「麦部会」の松本さんにお話を伺いました。

「耶馬溪素麺」「耶馬溪饂飩」に使われる小麦は農協事務所からほど近い畑で農薬・化学肥料不使用で栽培されている。手がけるのは下郷農協の参事、松本聡雄さん率いる「麦部会」で、農協職員と地元の人たちの7人で構成されるグループだ。


「麦部会」発足のきっかけは下郷農協に牛乳を提供していた酪農家の一人が引退したことに始まる。標高400mのところにある鎌城という集落の一角、8ヘクタールもの土地が余ることとなった。「こんなにいい場所をほたっておくのはもったいない。小麦栽培に利用できないか」と松本さんは考えた。


というのも当時、人気商品だった「耶馬溪饂飩」の生産が途絶えて3年ほど経っていた。地元で小麦を作る人がいなくなってしまったからだった。


小麦栽培は米の裏作として行われていたが、多くの農家が兼業へ移行していく時代の流れで、裏作がなくなり生産数が減っていった。しばらく、県外の小麦で饂飩の生産を続けた時期もあったが、商品名は「耶馬溪饂飩」。産地は表示していても購買者の誤認を招く恐れがあり、商品の生産をストップせざるを得なかった。


60年以上も安全な食材を提供してきた下郷農協へ絶大な信頼を寄せる購買者は少なくない。そんな方たちのためにも、いつか地元産の小麦で再開させたいとの思いは、松本さんの中にずっとあった。


また酪農を引退して、地域や農協とのつながりが減っていった原さん(現在麦部会メンバー)のことも気がかりで、なんとか元気づけたいと思っていた。さらに、日ごろデスクワークが中心の農協職員に、生産の現場を体験してほしいとの思いも。それら全てが「自分たちで小麦栽培を手がける」原動力になった。そうして、少しずつ準備を重ね、2011年に栽培を開始する。

酪農家の数は年々減っていて、一番多かった頃の20軒から現在は7軒までに減少。それでも下郷農協の中心は今でも酪農で、代表商品「耶馬溪牛乳」は、市内や近隣の大型スーパーにも並ぶ。牛乳を使ったカフェオーレやプリン、さっぱりとした美味しさのアイスクリームも人気。

畑は農協事務所から車で10分ほどの場所。山のてっぺんで空が近い。

畑を案内してくださった松本さん
一粒が大きくて立派な小麦粒。品種は「チクゴイズミ」。中力の地粉になる。

収穫が終った畑。収穫後の麦わらは牛の飼料となる。そして牛の糞は堆肥に。


メンバーは普段の仕事が休みの時を利用して集まる。
「お金のためではなく、人との交流や収穫後の打ち上げを楽しみに」と松本さんが言うように無理に収量を上げることはしない。利益や生活の糧のためであれば今のようには続けていけないだろう。

それでも化学肥料や農薬を使わないゆえの大変さはある。草取りは、正月明けと2月の後半の2回。寒い時期の作業だ。「収穫の喜びだけでなく、きついことも大変なことも含めてその過程を一緒に楽しめれば」と松本さん。


生産を続けるうちに、新しいアイデアも生まれた。
メンバーだけで行っていた収穫後の打ち上げを、どうせなら多くの人を巻き込んでやろうと数年前から始めたのが「そうめん流し」だ。地元新聞にも掲載され話題になった。

「いつやるのか」農協への問合せが増えたため、年末に配る農協カレンダーに載せることになった。今年は7月23日。

昨年の参加者は200人ほど。50mの距離を流れていく素麺をつかまえようと子供も大人も夢中になる。

 


数年前からは強力粉用の麦の栽培も始めた。知人の紹介で縁がつながった岡山や東京にあるこだわりのパン屋さんで使われている。

少し黒っぽいのは強力粉になる小麦。


「お客様に安全な地元産の小麦でできた麺を提供したい」、「仲間を元気付けたい」、「生産の苦労と喜びを共に体験したい」、「収穫の喜びを皆で分かち合いたい」、松本さんの、ひとつひとつの誰かへの思いが、今の麦部会の活動につながっている。

小麦の加工品は冷凍饂飩から始まって、素麺、乾饂飩へと増えていった。小麦の風味とモチモチとした食感が特長。

耶馬溪素麺250g」 「耶馬溪乾饂飩250g」はGAIAネットでも好評発売中です。各480円(税込)。

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記, 未分類, 番外編 | コメントをどうぞ

チョコレートの出荷がはじまりましたので(番外編~大分日記)

久しぶりに伊勢原のGAIA倉庫に来ています。
dsc_0985

dsc_1005 秋冬限定のチョコレートの出荷が始まった倉庫の棚。
チョコレートがずらりと並びます。写真は出荷後で少しまばらですが……。

dsc_1006dsc_1004
PeopleTreeのチョコレートが特に人気です。
dsc_0982

朝食のおにぎり。

dsc_0989
午前中の作業の後はみんなでまかない。新米のご飯が美味しくて食がすすむすすむ。
午後からの長丁場に備えてエネルギーチャージです。

img_2903
天ぷらの日。低温で20分じっくり時間をかけて揚げたサツマイモは焼き芋みたいにホクホク♪
スタッフが作ってくれました。

dsc_0988
出張スタッフの朝食。ねぎたっぷりの味噌汁と鋳物で焼いた目玉焼き。

dsc_0990
カレーの日。社長の手作りまかない。半熟の煮卵を乗せて。
絶妙な茹で加減のブロッコリーは塩だけで美味しい!

窓からみえる里山の風景を眺めながら、いつもより食欲が旺盛になってしまい、
ついつい食べ過ぎてしまうのでした。

dsc_0983

次回OPEN倉庫は11月13日(日)です。

種類が豊富でたくさん並んだチョコレートは圧巻の眺めです。(いいすぎ?)
山も今の景色よりもう少し色づいているはず。ぜひ遊びにいらしてくださいね~♪つきたて玄米餅のふるまいあります!

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記, 未分類, 番外編 | コメントをどうぞ

三村農園さんの梨 間もなく販売開始!(番外編~大分日記)

昨秋、お茶の水店頭で大好評だった大分県中津市の三村農園の梨(無肥料・減農薬栽培)が今年も間もなく入荷します。
P1160377_m
例年お盆明けの販売とのことですが、今年は実りが早いとのこと。
連絡をいただいて、昨日、さっそく東京へ発送していただきました!

P1160362_mたくさんの木のひとつひとつの実に袋をかける袋かけ作業は、大変な作業です。
作業効率よりも、木の自然の生命を妨げないことを優先にした剪定方法により、
はしごなしでは実に手が届かないので、通常よりも時間がかかります。
それに加え、ちょうど袋掛けの時期、大分は連日の雨でした。

農薬を使って袋掛け不要にしてしまうこともできるそうですが、三村農園さんの栽培方法では、欠かすことができない作業。1個ずつ大切に包まれています。

P1160363_m
P1160360_m梅雨の時期は連日の豪雨で日照時間が短いなどの影響が心配でした。

一転、梅雨が明けてからはずっと晴天が続き、甘みがぎゅっと詰まった実になったとのこと。

反対に雨が降らなさすぎて、毎晩のかん水作業が欠かせないそうで
それはそれでご苦労がありますね。

P1160356_m 草刈りは、収穫作業が始まった木の下だけ。
草をそのままにしておくのは、土の保湿と虫除けになるそうです。
虫が木につかずに、草の中に入ってくれるから。
「虫も暑いのが嫌いやから草に隠れよんよ」と下に登場のお父さん。

P1160365_m P1160366_mおじいさんの代から100年続くこの三村農園で、
無肥料・減農薬栽培を始めた長田奈美さん。

昨年は、台風の直撃に加え、虫の被害など大打撃を受けましたが
今年は順調に育っているとのことで、ほっとひと安心。
台風はこれからが本番ですが、昨年のような直撃がありませんように。

P1160367_m無肥料・減農薬栽培の三村農園の梨は、慣行栽培のものに比べ小ぶりですが、
弦が細く、甘みがしっかり感じられます。

この時期は、毎朝6時半~9時頃まで収穫作業。実が傷まないよう、涼しい時間に収穫します。

P1160354_m
農園の前にある朝採りの梨が並ぶ直売所。

P1160375_m P1160353_m P1160351_m直売所わきで水遊びしていた長女のあかりちゃんと、お父さん。仲良しの二人。

P1160374_me
P1160373_mおじいちゃんの糖度計を「見せて~」と、のぞいているところ。
糖度13度以上ありました。

P1160370_m暑くてなかなか食欲が沸いてこない、この数日間。。。。
私の今日のお昼ごはんは、三村さんの梨でした。
ジューシーなので水分補給にもぴったり。
P1160378_mただいま出荷の品種は「愛甘水」。
名前の通り甘い果汁たっぷりで、酸味の少ないジューシーな梨です。

「愛甘水」に続いて収穫が始まる予定の「菊水」は、まぼろしの梨といわれるめずらしい品種。
以前農園を訪問した際、果樹を見せてもらったときから楽しみにしていました。

今後、時期ごとに変る品種の味の違いもぜひお楽しみください♪

三村農園さんの梨 過去記事はこちら
http://gaiashop.net/archives/19444
http://gaiashop.net/archives/20393
http://gaiashop.net/archives/19418

 

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記 | コメントをどうぞ

大分・熊本ガイド 5日目 耶馬溪(番外編~大分日記)

5日目 耶馬渓エリア

本耶馬渓⇒羅漢寺⇒人目八景⇒もみじの湯

この日の行動は昼頃からのんびりと。
中津市内から車を走らせると左手に切り立った岩山が見えてきます。

耶馬溪4
耶馬溪系 青の洞門禅海和尚が30年をかけ、のみと槌だけで掘ったといわれる「青の洞門」。
http://www.city-nakatsu.jp/kankodocs/2013080200107/

■農家レストラン 洞門パティオ
大分県中津市本耶馬渓町樋田180
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700177/

パティオ地元の食材を使ったお惣菜がたくさん!バイキング形式でいただけます。(制限時間あり)

パティオ2座敷もあり、特に子連れで行くときはお昼ごはんはこちらを利用することが多いです。
お土産も購入できます。

大人(中学生以上):1,250円
小学生:820円

■羅漢寺
大分県中津市本耶馬渓町跡田1501
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700036/

羅漢寺お釈迦様が説法されていたインドの山に似ていたことから、インドのお坊さんが、この岩山の洞窟で修行したことから生まれた寺院です。その年が西暦645年といいますから、1300年以上も祈りの場としての歴史があるわけですね。
切り立った岩山やむき出しの断層は、確かに日本ではないような景観です。

羅漢寺リスト歩いて登るルートも楽しいですが、リフトで移動も可能です。
リフトののぼり口に広い駐車場があるので、そこで車を止めてあがります。
リフトは往復で大人700円 子供350円

リフトを降りるとすぐに参道になっていて、境内まではすぐです。

羅漢寺4 羅漢寺5羅漢寺3写真撮影は山門前まで。

境内の五百羅漢の石造が安置された岩窟は圧巻です。
さまざまな表情をした羅漢像の中にひとつは自分にそっくりな像があるといいます。
しゃもじの形の絵馬に祈願を書いて奉納できます。

別料金ですが、本堂の展望台へもぜひあがってみてください。
展望台では、祈りを込めて鐘をひと突きします。眺めも最高です。

■一目八景
大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬3152
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700034/
今回の地震による崖くずれで、工事中の場所もありますが、展望台周辺のお店は元気に営業中。展望台や散策道も問題ありません。
一目八景2
ひとめ八景散策道散策道から入ると、一目八景のビューポイントを通りながら、展望台へと至ります。
一目八景4 一目八景5
木の間からにょきにょきと現れる岩群。名前のつけられたものがあれば、名前のついていないものもありますが、それぞれが不思議な存在感。

一目八景3
緑の季節も美しいですが、秋はもみじが真っ赤に染まり、また違った景観になります。

■もみじの湯
大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬2914
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700160/

一目八景から車で3分の場所にある市営温泉です。もみじの湯休憩所も脱衣場も清潔。緑に囲まれた露天風呂は最高です!

大人(中学生以上): 510円  小学生: 300円

■他にも、自然を感じるなら……

●大谷渓谷
大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700143/
一枚岩の浅瀬が数キロにわたり続いています。素足で歩く沢歩きが楽しめます。

●耶馬溪サイクリングターミナル
大分県中津市耶馬溪町大字柿坂353
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700032/

専用のサイクリングロードがあり、車に乗りながらでは味わえない、
耶馬溪の自然を間近に感じながら楽しむことができます。
自転車レンタル 大人:370円 小学生以下:260円

自転車は子供用はもちろん、ママチャリからクロスバイクまで、さまざまなタイプから選べます。
ペットを前かごに乗せられるタイプもあり、愛犬とのサイクリングも可。

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記 | コメントをどうぞ

大分・熊本ガイド 4日目 宇佐・国東半島(番外編~大分日記)

4日目 宇佐神宮・国東半島

薦神社⇒宇佐神宮⇒こっとん村⇒両子寺⇒熊野崖仏⇒真玉海岸⇒海門温泉
■薦神社
大分県中津市大字大貞209
http://komojinja.jp/

友人のリクエスト宇佐神宮の前に近くの薦神社へ。
宇佐神宮は、全国にある八幡宮のの総本宮ですが、
さらにその元といわれている神社が薦神社です。
こも神社5こも神社木こも神社8こも神社6
ご神木級の大木や自然が多くあり、歴史に培われた重厚さを感じられる建造物が味わい深い。
散歩がてら よく訪れる好きな場所です。

こも神社狛犬2表情が面白い狛犬
こも神社2こちらは、江戸時代初期のもので、国の指定重要文化財

こも神社敷地内にある三角池
昔はこの池にはえているマコモを枕状に編んで、宇佐神宮のご神体の御験にしていたとのこと。
マコモは、神社の名前の由来でもあり、お正月には、マコモを練りこんだ餅が振舞われます。
初詣には地元から多くの方が参拝に訪れます。

 

■宇佐神宮
大分県宇佐市大字南宇佐2859
http://www.usajinguu.com/

薦神社から車で30分ほど、本殿に近い裏の駐車場もありますが、せっかくなので参道側から参詣。宇佐神宮参道宇佐神宮鳥居

宇佐神宮0 宇佐神宮2宇佐神宮看板 宇佐神宮3本殿を上宮と呼ぶのに対して、少し下ったところに下宮と呼ばれるお宮があります。
「下宮参らにゃ片参り」という言葉があり、下宮まで参るのが正しい参拝とされています。

宇佐神宮8
以前、女性数人で境内の苔の手入れをされているのを見たことがありましたが、この広い境内でそこまで行き届いたお手入れをされるのだなと感嘆しました。
どこを歩いてもすきっと空気が澄みわたった美しい神社です。

■こっとん村
大分県豊後高田市一畑1587
http://www.showanomachi.com/spots/detail/158

午後は国東方面に向かうので、以前訪ねてそばが美味しかったこちらへ。コットン村外観
こっとん村

食事だけでなく地元産の農産物や手作りのお菓子などの販売もあり、
道の駅ならぬ里の駅といったところ。近くにダムがあります。

店の前には水車が。こっとん村の名前の由来は、水車の回る音から。
こっとん村水車小川が流れ、その周囲に桜の木がたくさんあって、満開の頃の風景はそれはもう美しかったです。

こっとん村そば豊後高田市はそばの産地。地元産のそばを使い、地元のおばあちゃんたちが毎朝手打ちしたそばがいただけます。冷たいそば茶も美味しかった。

■両子寺
大分県国東市安岐町両子1548
http://www.futagoji.jp/

こっとん村から車で10分ほど。

丸い形をした国東半島のちょうど真ん中あたりに位置しており、秋の紅葉と山門に立つ一対の仁王像の石造が有名なお寺です。
ふたごじ苔むしたこの参道の石段が風情があります。
木陰になった石段のすぐ横に湧き水が流れ、暑い日でしたが、ひととき涼が得られました。

ふたご寺3ふたご寺2
この仁王像の脚を触ると足腰が強くなるとか。確かに足のしっかりした仁王様。

ふたごじ5今回は時間の都合で中までは入りませんでしたが、巨岩と一体化したような奥の院や岩に根を張るもみじの木など見所がありそうです。

■熊野崖仏
大分県豊後高田市田染平野
http://www.showanomachi.com/spots/detail/136

両子寺から車で30分ほど。国東半島をちょっと内陸へ戻ります。ちょうど半島の付け根辺りです。

臼杵の崖仏が一番有名ですが、大分には数多くの崖仏があり、この熊野磨崖仏も訪れる人が多い場所です。くまの入り口

熊野崖仏7受付から、山の奥へと続く参道を進むとごろごろとした石段があります。
鬼が一夜で積み上げたという民話が残されています。
確かに鬼が投げ積んでいったかのような、自然の形のまんまの石が積みあがった石段。
足元が悪いのでヒールの高い靴は避けた方が無難です。

くまの石段受付で杖を借りられるので借りて登った方が楽です。長い石段で、軽いトレッキングくらいの体力は使うかもしれません。入り口から歩いて石仏までの時間は15分ほどだったと思います。

熊野崖仏6
石段を登り続けて、たどり着いてすぐに石仏が。向かって左が不動明王、右が大日如来。
平安時代後期に建造された日本最古・最大級のもので、国の重要文化財に指定されています。
熊野崖仏10

このご不動様が、「憤怒相ではなく、柔和な慈悲相であるのは、他の石仏にみられない珍し
い例である」と看板にありました。確かにはにかむように笑っているようなお顔。

熊野崖仏9洗練された美しい仏像もいいですが、崖仏はダイナミックで
自然の中に溶け込んだ野性味のある感じが魅力。

■真玉海岸
大分県豊後高田市臼野5125
http://www.showanomachi.com/spots/detail/167

真玉海岸で見る夕日は、日本の夕日百選のひとつ。
半島の西側で、水平線に沈む夕日が海岸の正面から見られ、
海が遠浅なので、干潮時には、干潟に光が反射し、美しい夕焼けの景色を作ります。

この日は満潮で干潟は現れませんでしたが、夕方頃から人が集まり、
日の入りが始まる19:00頃には、海岸沿いはカップルや親子連れ、カメラを持った人たちで埋め尽くされていました。またまふたり
空が焼けずに日が沈むこともあるので、どうなるかと思っていましたが、みごとな夕焼けでした。
真玉海岸4

真玉海岸
干潟では、3~5月のシーズンにマテ貝堀りを楽しむこともできます。
夏は海水浴も。遠浅のなので子供たちも安心して遊べます。

■海門温泉
大分県豊後高田市中真玉1778-8
http://www.showanomachi.com/spots/detail/168

さて、太陽がすっかり沈むまで夕日を堪能した後は、すぐ近くの海門温泉へ。
海岸へ向かい途中たまたま見つけた温泉でしたが、ネットでの評判が良く、温泉好きが絶賛する泉質の良さとのこと。日の入り後すぐに向かったら閉館の20:00の30分前でした。

海門温泉
入り口の写真のみですみません。そんなに広い浴場ではありませんが、
“通が絶賛する泉質”に納得。
時間がなくて長くは入れませんでしたが、しょっぱくて褐色のお湯に、
石段を登った疲れもほぐれました。

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記 | コメントをどうぞ

大分・熊本ガイド 3日目 阿蘇小国町(番外編~大分日記)

3日目 南阿蘇郡小国町へ

押戸石の丘 ⇒ 溶岩石釜ピザ轍 ⇒ デュッセル ⇒ わいた温泉 豊礼の湯
「すごく気持ちの良いところよ~」と以前から地元の人に勧められていて、ずっと行きたかった
「押戸石の丘」へ。別府から高速を使って約1時間半ほどの移動時間です。

この日は国道387号線を通るルートで向かったけれど、
県道11号線と国道442号線の道、通称やまなみハイウェイがおすすめ。
少し遠回りだけど30分くらいの違いです。
大分・熊本を車で移動するなら欠かせない名スポットです。

やまなみハイウェイの魅力についてはこちらで
http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000503.aspx
■押戸石の丘
熊本県阿蘇郡南小国町中原511
http://www.oshitoishi.com/index.html

「押戸石の丘」は、ナビの「目的地へ到着しました」のアナウンスの後、そこからさらに、舗装されていない車1台分がやっと通れる道を、がたがたと上に横に揺られながら数分走り、やっと受付のある駐車場へ到着。

受付で環境保全費として200円を支払うと、丘の上で見られる岩などの説明を受けられ、パンフレットと方位磁石を渡されます。方位磁石は、磁気を含んだ岩があるので、その確認のために使います。
押戸石の丘6
受付の場所からさらに丘を登ること約10分ほど。(この登りだけでも眺めがよくて気持ちがいいのですが)丘の頂上に到着すると縄文の頃からの遺跡とされる巨大石群が現れます。
思わず歓声をあげてしまう絶景!

押戸石の丘2
この巨石の存在感にも圧倒されますが、周囲360度に広がる大自然の景色がすごい。
九重連山と阿蘇山の大噴火で生まれた火砕流台地が延々と広がる光景は、
壮大で、宇宙から地球を眺めているような気分になりました。
日本で唯一無二のこの風景、映画「進撃の巨人」のロケにも使われたそうです。

押戸石の丘3

メソポタミア文明を開いた民族、シュメール人が用いていたシュメール文字が石に刻まれているとのことでしたが、岩のひび割れなのか文字なのか、素人の私には判別が難しかったです。
シュメール文字は、九州北部や山口県でも発見されているようですが、どうしてそんな遠くの民族の文字が日本に残されているのかは未だに謎だとか。
巨石は、古代の神事に使われていたらしいですが。謎が似合う風景です。

押戸石の丘5
とても写真に納まるスケールではないと思いつつ、景観の美しさについつい何度もシャッターを切ってしまいます。

押戸石の丘

丘の上での過ごし方は自由なので、過ごしやすい季節であれば敷物とお弁当を持ってきてのんびりするのもいいですね。

■溶岩石釜ピザ 轍

熊本県上益城郡嘉島町鯰1869-1
http://www.pizzeria-wadachi.com/aso/index.html

お昼を食べる場所を決めていなかったのでどうしようかと、山を下りながら考えていたところ「溶岩石釜ピザ」と書かれた看板を発見!
これは行ってみるべし!と看板の案内の通りに向かい、たどりついたところは、予想をはるかに超えたなんとも素敵なお店でした。
わだち1
お店に置かれたお客様ノートにも同様の声がありましたが、ここへたどり着くまでの道が車一台がやっと通れる山の細道で、向かいから車が来ませんようにと祈りつつ、本当にお店があるのか途中何度も不安になりましたが、来たかいがあったというものです。

ノートのコメントを見ると、うわさを聞きつけて遠くからわざわざ食べに来ている人が多い様子。
実際、すごく美味しかった!風の音、木の揺れる音、鳥の声を聞きながらいただけるシチュエーションも最高です。わだち2
わだちピザ1わだちピザ2お店の一番人気、ゴルゴンゾーラと蜂蜜のピザ

「轍」というお店の名前はご主人がデビュー当時からファンだというコブクロの歌のタイトルからきているそうです。奥様と二人で切り盛りされているようでしたが、ご夫婦とも気さくで居心地が良く、リピーターが多いのもうなずけます。

震災の影響を伺うと、建物に少しひびが入ったとのこと。しかし建物の被害よりもお客様の数が震災以前に戻らないことにご苦労されているようでした。お店のこと、小国町は元気であること周囲に伝えます、と約束してお店を後にしました。

■デュッセル
熊本県阿蘇郡小国町西里3316-5

ランチの後はデュッセルさんへ。
熊本地震のあと、お店のお客様からのご紹介でGAIAにハム・ソーセージをご提供いたています。
場所は大分方面から「押戸石の丘」へ向かう途中にあります。(行きに通っていました)

デュッセル看板
デュッセル
数種類あるソーセージは試食可能で、焼いて出してくださいます。
ドイツで修行され、マイスターの中でも最高位の資格を取得された杉本さんの作るソーセージは格別。

以前GAIAネットを利用してチューリンガーと生ベーコンを購入しましたが、本当に美味しかった!

製造工程の動画
https://www.youtube.com/watch?v=WwF1xsPkgLU

sugimotosan杉本さんご夫婦

デュッセルボード 地元産の肉を使っているので、小国町の畜産農家さんの応援にもなります。

持ち帰りの際は保冷剤はありませんが、保冷バックに氷をつけてもらえます。
準備が可能なら、クーラーボックスで持参されるといいですよ。

GAIAネットデュッセル商品一覧はこちら
■豊礼の湯
熊本県阿蘇郡小国町西里2917
http://houreinoyuyado.com/
デュッセルさんに置いてあったチラシを見て、予定していた温泉ではなくこちらを訪ねることに。

地獄蒸しの蒸し釜があるとのことで、自宅用とは別に、蒸し釜用のソーセージを購入して向かいました。デュッセルさんから5分もかからない場所にあります。

豊礼の湯大露天ほうれいのゆ湯布院の泉質にちょっと似てる?ホワイトブルーのお湯です。
これがまたなんとも眺めの良いところ!
温泉内の写真は撮れませんが、目前に山が広がる高台の露天風呂で、
いつまでも入っていたいいい眺め。お湯もいいです。

温泉のあとは、鉄輪温泉に続き2度目の地獄蒸し体験。豊礼の湯蒸し窯3

豊礼の湯蒸し窯2
ほうれいのゆ2鉄輪は常時釜を見守るスタッフの方がついていましたが、こちらはご自由に、という感じ。
宿泊者と入浴者は無料で使えます。

何も持っていなくても売店で野菜やお肉など地獄蒸し用の食材を買うことができます。デュッセルさんのソーセージもありました。中には鶏一羽というメニューも!
泊まりで来るのも楽しそう。ここを拠点に小国をいろいろと周れますよ。
他にも 小国町周辺のおすすめスポット
■龍門の滝
大分県玖珠郡九重町大字松木
http://ryumon.travel-way.net/index.html

夏は滝すべりができる天然のウォータースライダーと称されています。
大分が誇る天然のアクティビティです。
滝すべりに使うボードは現地でレンタル可。大人もすべれますよ。

■阿蘇くじゅう国立公園 長者原 タデ原湿原・坊ガツル
大分県玖珠郡九重町大字田野255-33
http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/
くじゅう連山の北側に位置し、国内最大級の面積をもつタデ原湿原が広がります。
希少な植物をはじめ多くの動植物が生息し、国際的にも重要な湿地として「ラムサール条約」の登録湿地として指定されました。
このタデ原湿原を抜けて山を越えたところにある坊ガツル湿原も名勝地です。ともに「ラムサール条約」指定地。坊ガツル湿原までのルートは、多少急な登りもありますが、トレッキングコースとして小学生のお子様にもおすすめです。
宿泊施設もあります
http://hokkein.co.jp/

■鍋ヶ滝
熊本県阿蘇郡小国町黒渕下滴水
https://retrip.jp/articles/1697/
カーテンの用に水が流れる美しい滝。滝の裏側を通れるのでマイナスイオンを堪能できます。

■黒川温泉
熊本県阿蘇郡南小国町
http://www.kurokawaonsen.or.jp/

山間にひっそりとある、大人の温泉郷といった風情。
街全体に統一感があり、時間がゆったりと流れているように感じられます。
地震の際は、全体で24000人ものキャンセルと、大打撃をこうむった場所のひとつです。
一時営業ができない宿もありましたが、今は元気に再開しています。
世間の自粛ムードで別府同様、苦しい状況と聞きます。

1300円の温泉手形を買うと、数ある日帰り湯の中から3つを選んで入れます。

川のせせらぎを聞きながら浸かる森の中の露天風呂
山みずき おすすめのひとつです。
http://www.yamamizuki.com/furo/furo.html

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記 | コメントをどうぞ

大分・熊本ガイド 2日目 別府(番外編~大分日記)

2日目 別府
明礬温泉保養ランド⇒地獄蒸し工房 鉄輪⇒鉄輪むし湯⇒別府駅前

この日は湯の町別府にて温泉三昧…と思いきや、
友人は1日2つも入ったら十分とのこと。まあ移動や着替えを繰り返すのも大変ですからね。
そして珍しい温泉に行きたいとのことで、選んでもらったのが白い泥湯と薬草のむし湯。

湯の町別府といってもその範囲は広く、約2300の源泉があるといわれています。
地域ごとに大きく分けると8のエリアに分かれ、「別府八湯」と呼ばれています。
近くにありますが、この中に湯布院は含まれません。

今回はそのうちの二つ「明礬温泉」と「鉄輪温泉」へ。
細くて曲がりくねった坂道が多く、歩いている人も多いので、運転初心者(私)には、
緊張を伴いますが、いろんな温泉を楽しむ場合、車で移動した方が断然動きやすいです。
とはいえ、バスもたくさん通っているので、ご安心ください。

 

■明礬温泉保養ランド
別府市明礬5組 紺屋地獄

「保養ランド」は、以前「お店のお知らせ」で紹介したことのある「シンフロ」ムービーの
後半に出てくる温泉で、ねんど質の泥が特徴の温泉です。

シンフロ

この湯に入った後でこの「シンフロ」動画を見ると
「よくもぐってくれたな~」と感心します。

明礬温泉は硫黄のにおいが強いのが特徴で、
「湯の花」も明礬エリアで造られています。

湯上りに着たタンクトップは何度か洗濯したのに
未だ硫黄のにおいが取れない、というくらい。

ちなみに露天の泥湯は混浴です。
タオル持込禁止ですが、柵で区切られているし、浸かっている限りは見えないので
初めてでもそんなに敷居は高くないと思います。

入り口と通路の写真保養ランド1保養ランド建物内も温泉も全体的にレトロです。昔のまんま何も変えていない感じ。
この古さを楽しめる場合おすすめします。

温泉内の写真は撮れなかったので、ムービーかこちらをご覧ください。
http://www.owl.ne.jp/beppusotoyu/hoyouland/

泉質はとてもいいです。実際、湯上りは肌がしっとりつるつるします。
顔に塗るのは本当は禁止ですが、女性は皆塗っていました。
貴重な泥なので、あがるときにはきちんと落としてからあがります。

 

■地獄蒸し工房 鉄輪
〒874-0044 別府市風呂本5組
http://www.beppu-navi.jp/spot/000565.html

地獄蒸し工房
観光客に人気のスポットです。
連休の初日のお昼ど真ん中に行ったら、30分待ちでした。

食材は、ここでも買えるし、よそで買って持ち込みもOK。
別府市内に住む親戚の情報から、近くのコーポが新鮮な魚介が多いということで
コープにてサザエと鮎、殻付きのエビ、鳥手羽、マヨネーズを購入してから向かいました。

持ち込みの場合、持込料700円かかりますが、施設内の券売機で1000円以上の食材を購入すると免除されます。
施設で販売の食材はスーパーで買うより割高ですが、
少量ずついろんな種類が食べられるメリットもあり、どちらが良いかは一概にはいえません。
人数が多い場合はスーパーで揃えたほうがお得かと思います。
ただし、うろこや内臓などの下処理がされてない魚はNGとなるのでご注意を。

今回の私たちの場合は、野菜はスーパーで買うと量が多すぎるので
施設で買いました。卵と中華ちまきもつけてちょうど持込料免除の1000円ちょっと。

ちなみに持込料がかかることに「えっ?」ととまどいますが、
持ち込んだ食材も、施設の人が調理しやすいように準備してくれるので
そのための手数料と納得できます。

食材の量で借りる窯の大きさが変わり、値段も違うので
予め施設の人に聞いてから券売機で窯のレンタルチケットを買います。
調味料は、塩、醤油、ポン酢は無料で、マヨネーズは有料です。

地獄蒸し工房2食材ごとに蒸し時間が違うので、テーブルにタイマーを置いて、
蒸しあがる時間になったら取りに行き、食べながら次の蒸しあがりを待つ、
と、ちょっと忙しいのですが、蒸したてはふっくらとみずみずしくて絶品。
むし工房あゆ
温泉の湯で蒸すとほんのり塩味がつくようです。
鮎が美味しかった~
ユニークな体験になると思います。

 

■鉄輪むし湯
別府市鉄輪上1組

鉄輪むし湯「地獄蒸し工房」のすぐそば。
ここは、別府へ来るたび訪れるお気に入りの温泉です。
石菖という薬草をしいた石釜みたいなところに入って
仰向けで8分、蒸されます。
なんだかオーブンで調理されてるような気分です。

鉄輪蒸し湯28分たったら、施設の人から声がけされますが、
耐えられる場合はあと2分、合計10分入ることができます。

初めての時は8分が長くて、途中で何度もギブアップしようかと思いましたが、
二度目以降は、一度耐えた経験があるので、ひたすら我慢して耐えられるようになりました。
友人も何度かもう駄目と思ったようです。そのくらい暑いです。

入っている最中が気持ち良いというより、あがった後の爽快感を楽しむ温泉です。
汗と一緒に余分な老廃物もたくさん出ていると思います。
石菖がとても希少で、今使っているものはこの蒸し湯のファンの人たちが
栽培しているものを持ち寄っていると聞きました。

入浴料以外に、浴衣のレンタル料が200円かかりますが、
Tシャツと短パンを持参すれば、浴衣を借りずに入れます。

むし湯の裏通りに昔のむし湯跡が残っています。
鉄輪温泉
鉄輪でおすすめランチ
●オット・エ・セッテ 大分
別府鉄輪井田2組
https://www.facebook.com/ottoesetteoita/

柳屋という宿の中にあるレストラン。
コースメニューなので、ランチの価格としてはちょっと高めになりますが、贅沢な時間を過ごせます。夜のコースもおすすすめ。
地獄蒸しを使って調理するそうで、蒸し釜が見えます。

●ここちカフェむすびの
別府市鉄輪上1組
http://www.musubino.net/

鉄輪むし湯の裏通り。明治時代の建物が店舗になっています。
低温スチームを使った体にやさしいメニューが特徴です。

この店の前の坂道を上までのぼると
別府湾と鉄輪の町を一望できるみはらし台に着きます。
ちょっときつい坂道ですが。。。鉄輪の坂道

鉄輪みはらし坂
「ああ、この景色雑誌やテレビで見たことあるな~」という
(大阪でいうところのグリコの看板みたいな)シンボルスポットです。

 

 

■友永パン屋
大分県別府市千代町2-29

別府友永パン別府で人気の老舗パン屋さん。大正5年創業で、大分県で一番古いパン屋だそうです。
あんパン、クリームパン、チョコレートパンなど
昔ながらの素朴でシンプルなパンが人気です。

ジャムパンは一般的ないちごジャムではなく、この店ではりんごジャム。
人気のパンは早くに売り切れます。
この日は3時くらいに行ったので、半分くらい売り切れでした。

いつも人が並んでいるので、入ったらまず整理券を取って、
番号が呼ばれるまで待ちます。
お店の人の手際がよく、流れがシステム化されてるので
混んでてもそんなに待たずに購入できます。

価格は70円~で、ほとんどが100円前後と価格も懐かしい。

 

■湖月
大分県別府市北浜1-9-4

こちらもよく立ち寄る好きなお店。

湖月外観
駅前の商店街と並行して続く裏路地にひっそりとある店。
この辺りの路地にはのら猫がたくさんいて街の人たちみんなで世話をしてるそう。

メニューは餃子と瓶ビールのみ。
ご主人が戦後、満州の人に作り方を教わって始めたそうです。

湖月写真は4人前。ボリュームがありますが、皮が薄くてひとつひとつが小さいので
1人、1.5~2人前くらいはペロッと食べられます。

カウンター(確か8席くらい)だけで、狭いお店なので大人数向けではありません。
持ち帰りもできます。

 

■ジェノバ
別府市北浜1丁目10-5

別府ジェラードおなか一杯だけど甘いものは別腹、ということで、こちらへ。
駅前の商店街、駅前通りから入ってすぐのところにあります。

年季の入った店舗。冷蔵ケースに数種類のジェラードが並んでいます。
どれも気になってすごく迷いますが、お願いすれば試食もOK。
ダブルをお願いすると、スプーンひとさじ分のおまけをつけてくれます。

 

駅前でおすすめのお店
チョロ松(居酒屋)
別府市北浜1-4
http://cyoromatsu.com/

「かも吸い」という鍋料理が看板メニュー。
オーソドックスな居酒屋メニューもなんだかホッとする味で居心地がいいお店です。

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記 | コメントをどうぞ

大分・熊本ガイド 1日目 稲積水中鍾乳洞など(番外編~大分日記)

熊本地震から3ヶ月たちました。断続的に続いていた余震もほぼ収まり、
深刻な被害のあった地域は復興に向けた活動が行われていますが
梅雨時の大雨の影響もあり、被災者の方や支援活動の方々はご苦労が耐えません。
遠方からかけつけてボランティアに来てくださる方たちに、本当に頭が下がります。

そして建物の被害などがそれほどなかったものの、特に観光産業が主だった周辺地域においては客足不足による経済的な打撃が深刻です。
ボランティアは条件的に困難でも、観光に来ていただくことも
地域の支援につながり、大変ありがたいことです。
夏休み、ぜひ遊びにいらしてください。

呼びかけに応じ、先日、兵庫の友達が遊びに来てくれ、
ガイドしながらいくつかの場所をめぐりました。

住むことになる前、初めて大分・熊本を訪ねた際にも感じたことですが、
スケールの大きな自然がたくさんあり、
神社仏閣も京都のような洗練された感じではなく
自然と融合した、野性味のあるダイナミックなところが特徴的です。
他に類のない雄大な自然や歴史を重ねた建造物など見所がいくつもあります。
もちろん温泉も。めずらしい湯があります。
友人にもとても満足してくれたようでした。

今回、友人が予め下調べしてリクエストしてくれた場所と、これまでに私が訪れて良かった場所などを組み立てていくつかの場所を周りました。
出かけてから成り行きで決めた部分や時間的に立ち寄れなかったところもあり、
これがベストということでもありませんが、
実際に周ったスポット(評判を聞きつつ立ち寄れなかった場所の情報も加えつつ)
を紹介しますので、旅行の計画の参考にお役立ていただければと思います。

1日ごとにわけて掲載します。
後で紹介しますが、阿蘇小国町へ行った際は、GAIAに美味しい手作りハム・ソーセージを提供してくださっている「デュッセル」さんも訪ねました。

この企画に賛同して写真を提供してくれた友達かえちゃんに感謝を込めて。

1日目 大分県 稲積水中鍾乳洞など

稲積水中鍾乳洞 ⇒ 道の駅きよかわ ⇒ 原尻の滝 ⇒ 長湯温泉 万象の湯

■稲積水中鍾乳洞
大分県豊後大野市三重町大字中津留300
http://www.inazumi.com/

日本最長の水中鍾乳洞。

洞内の温度は通年16度と、快適。入り口から途中水の上に渡された欄干を歩いて渡ります。この日はたまたま、前日までの大雨で足元を轟々と激しい水流が渦巻いていてド迫力!

しかし水中深くに続いている鍾乳洞は残念ながら水がにごっていて見えませんでした。

鍾乳洞中1

始まりは2億数千年前(恐竜が生きていた時代)といわれています。江戸時代の頃にはこの鍾乳洞の存在だけは知られていたようですが、潜水調査などが始まったのは近年になってからのことで、未調査の部分も多く、実際の規模は未だ明らかになっていません。
このどこまで続いているかわからない水中鍾乳洞を調査しているダイバーの方たち、の勇気。すごい。。。

鍾乳洞4鍾乳洞中2よく知らなくて、実はあまり期待せずに入った分、驚きが大きかったです。時の長さと巨大さに、言葉を失います。これを造った自然の力にひれ伏したくなるというか、謙虚な気持ちになるというか。
変な感想ですが、○○ランドのアトラクションとかで人工のこういう岩や洞窟を見たことがあるけどこれ本物なんだなと。ハリーポッターの映画でこういうシーンを観たことあったなとか。これまでフィクションで見ていたものをリアルに見たというか。

いろんな石がありましたが、写真では伝わらないのであまり撮っていません。
ぜひ生でご覧ください。

入館料 大人1200円 4歳~小学生600円
ただいまキャンペーン中で、2リットルペットボトル引換券付きで全国名水百選に選ばれる名水を汲んで持ち帰ることができます。

この水が超軟水で、すごく美味しい水でした。試しにうちの水道水で淹れたコーヒーに少し足してみたら、味がまろやかになって断然美味しくなりました。手作りの化粧水にも良いらしいです。

同じ敷地内にバンガローがあって宿泊もできます。
http://www.inazumi.com/camp/index.html

行ったときは、もう時期を過ぎていましたが、施設の方によると蛍の群集が見ものとのこと。
来年以降になりますが、蛍の時期6月夜の訪問もおすすめです。

■道の駅 きよかわ
〒879-6903 大分県豊後大野市清川町(旧清川村)砂田1574-1
http://www.mitinoeki-kiyokawa.com/

豆腐御膳お昼は「道の駅 きよかわ」内にある「豆腐工房 田舎八」で「豆腐御膳」。美味しいお惣菜がたくさん。特に豆乳が絶品でした。
関西ノリ?の明るいおかみさんがいます。

「道の駅 きよかわ」はパン、そば、寿司、肉料理、韓国料理など食事ができるお店がいろいろ入って選べるので楽しいです。
地元産の野菜や物産も、いろいろと買えます。

 

■原尻の滝
〒879-6631 大分県豊後大野市緒方町原尻936-1
http://harajirinotaki.grupo.jp/

日本の滝百選・ジオパーク認定された滝です。
弧を描いた崖を流れる水は東洋のナイアガラと称されています。
ナイアガラとは規模は違いますが美しい滝です。

原尻の滝
いろいろな角度から眺めることが出来、間近で見られます。
大雨の後はさらに迫力が(危険なので近寄れませんが。。。)。
入園料などはありません。

原尻の滝3原尻の滝鳥居すぐそばの道の駅では、夏は滝を眺めながらのビアガーデンも営業されます。

滝の流れ口の通りをまっすぐ行った突き当りに二宮八幡社があります。
苔むした古い神社で、風情のある場所です。

おがた神社おがた神社3おがた神社2
山頂の一宮とすこし離れたところにある三宮の3つをあわせて「緒方三社」と呼ばれています。
全国のおがた姓(緒方さん、尾方さん、尾形さんなど)の起源だそうです。
■長湯温泉 万象の湯
〒878-0402 大分県竹田市直入町大字長湯3264-1
http://www.bansyounoyu.com/index.html

「世界屈指の炭酸泉」といわれる長湯温泉。天然の炭酸ガスを含んだ炭酸泉はほとんど水風呂ですが、つかるうちに炭酸の効果で血管が開いて血行がよくなってくるのがわかります。間違いなく名湯です。神経痛や心臓病やなど血管の病に効くとされています。

いくつかありますが、よく行くのは「万象の湯」です。川沿いにある露天が好きで。
川のせせらぎと鳥の鳴き声を聞きながら浸かる湯は最高です。
露天は熱過ぎず、ほど良い温度なのでゆっくり浸かっていられます。

万象の湯万象の湯2

サビ色の温泉で暖まった後、冷たい「炭酸泉」に入るというのを繰り返すうちに体の内側からポカポカとして疲労が取れていく実感があります。
http://www.bansyounoyu.com/hotspring/index.html
敷地内の薬膳バイキングは、地元野菜を使ったお惣菜がたくさん並び、おすすめです。
http://www.bansyounoyu.com/dishes/index.html

ランチは14:30ラストオーダー、夜は17:00からなので、時間にご注意ください。
長湯温泉といえば、建築が美しい「ラムネ温泉」も観光客に人気の施設です。
http://www.lamune-onsen.co.jp/

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記 | コメントをどうぞ

アースデイなかつ(番外編~大分日記)

先日の日曜日、市内の公園でアースデイのイベントが行われました。
準備段階の途中から実行委員のメンバーとして、時々お手伝いさせていただいてました。

IMG_2627懸念していた雨もなく、晴天&猛暑。熱い暑い日となりました。
今年で9年目となるイベントですが、年々規模が大きくなってきていて
昨年には来場者数が3万人を超えるまでになり
九州内のアースデイの中では最大規模とか。
企業や行政でなく、市民主導で行われていてこの規模はすごいなと思います。

IMG_2650ボランティアで手伝ってくれた高校生の子が
「普段こんなに人が集まることないから、人酔いしてます(汗)」というくらいの賑わい。
しかも実行メンバーは、そのほとんどが働くお母さんたちで、
仕事や家事の合間に無償で活動しているのには、本当に頭が下がります。
それぞれの得意なことや個性を出し合い、みごとに調和している点が
まさに有機的な地球そのもの。
子供たちのために、より良い地球を残したいという思いが原動力ですね。

IMG_2683IMG_2645楽しいお店がいっぱい!県内や福岡から総勢102軒の出展者さんが揃いました。
IMG_2646IMG_2647
GAIAの食材を取り扱ってくださっているお店さんにも、お会いすることができました。

IMG_2656

オーガニックcafe’cielさんの焼き菓子
主に地産の小麦粉を使い、てんさい糖やメープルシロップで甘みをつけたやさしいお菓子♪


IMG_2664笑顔の素敵な幸せおひさまカフェさん。
販売元が熊本の会社という「Peace9coffee」という無農薬コーヒーの売り上げは全額被災された方に渡されるということでした。IMG_2695
熊本・大分地震から一ヶ月。開会式では黙祷を。
また、会場内に多くの義援金箱が設置され、チャリティーグッズの売り上げも寄付に。
IMG_2648IMG_2641

IMG_2692義援金と一緒に送るメッセージボード。
猛暑の中、ボランティアの学生さんが頑張ってくれたおかげで
たくさんの人のやさしさがこもったメッセージが集まりました。

ステージでは、温暖化対策の話やゴミの減量に関するトークショーの他
音楽やダンスで盛り上がりました。
IMG_2654
P1160181いい雰囲気の中、ほのぼのとした演奏でどの歌も心に沁み入ります。
ゆったりと流れる時間、空気、平和をかみしめるひと時でした。

ゴミを出さないことを目標としたイベントなので、
フードコーナーで使用する食器は全てリユースのもの。
ところが、一箇所だけの洗い場は普段は小さな水飲み場なので、排水力不足が課題でした。

P1160177生ごみコンポストと、洗浄前に古布で拭き取るというアイデアで、
みごと排水口を詰まらせることなく洗ってもらうことに成功!
洗浄もアクリルタワシなので、ほとんど洗剤が必要ないし、
今後いろんなイベントで広まれば良いな。

IMG_2676
IMG_2684不要な洋服を交換できるエクスチェンジコーナー。

アースデイ中津発起人の須賀要子さんが、
市民としてアースデイを立ち上げるにいたった考えを話してくださ ったことがありました。
環境問題やエコな暮らしについて、普段から関わりのある人の間では当たり前になっているけど、仲間内だけで環境にやさしい暮らしをしていても意味がない。
マルシェや音楽など魅力ある場所 作りで多くの人に集まってもらう中で、
少しでも意識を広めていけたら、と。
正確ではありませんが、このような内容だ ったと思います。

この話を聞いたとき、GAIAのスタッフの間でよく話していることと同じだなと思いました。
ゴミをなるべく出さない、化学合成物の入ったものはできるだけ買わない、食べないという生活は
毎日関わる人の間では、当たり前のようになっているけど、
一歩外に出ると、それは少数派なんだと気づかされることがあると。
原発や憲法改正の問題もしかり。

「こっちが正しい」なんて、正義を振りかざすのはとんでもないですが、
まずは、ふと考えるきっかけとして、アースデイは意義のある活動なんだと思います。
それに、市民が主導で行政を巻き込んでいくという構造がいい。

キャプチャ
アースデイとしての次回の活動は
6/11「ザ・トゥルー・コスト」というドキュメンタリー映画の上映会です。
予告編を見ただけでも知らないことがいろいろあって、かなりショッキングな内容です。
GAIAの取引先ピープル・ツリーの代表サフィアさんも出演されています。

ピープル・ツリーの定番衣料は、もうすぐGAIAネットでも取り扱いを開始します。
どうぞお楽しみに♪

 

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記 | コメントをどうぞ

地震のこと(番外編~大分日記)

こんにちは 最近はお店のお知らせで連載中の大分日記です。

このたびの熊本・大分地震のことで、いろんな方に安否確認のご連絡をいただきました。
本当にたくさん。ありがたいことです。

実は私自身は、大きな揺れの時は東京にいて、これを体験していません。
家族とはすぐに無事の確認が取れましたが
その後に続く余震が絶え間なくあり、2日くらい眠れなかったそうです。

ほとんど被害のない大分県の県北でそのような状態でしたから、
被災地域の方たちの疲弊はいかほどでしょうか。

地元へ帰ってからもしばらく被災地のことは
テレビで知る以外の情報はほとんど得られませんでしたが
最近、フェイスブックや、繋がりのある人を通して
必要とされている支援の情報などが入り始めたところです。

今お手伝いをしているアースデイ中津の発起人で
市内で「フェアトレードショップ大地」を営む須賀要子さんから
支援物資の呼びかけがあり、昨日食品を預けに行きました。

要子さんの知人で阿蘇在住の方たちが立ち上げた
「南阿蘇災害復興ボランティアよみがえり」というグループの方が
直接現地へ運んでくださるとのことでした。

阿蘇を中心に多くの道路で寸断や崖崩れがあり
宅配便の荷物は集配所止まりになることが多く
なので食品は基本日持ちのするものしか送れないことになっていますが
今回は直接現地まで行かれるとのことで、野菜も預けることができました。

サポートしている集落はお年寄りが多く、若い人はいないとのこと。
SNSなどの使用もないため、状況が外へ伝わりづらく
支援が遅れがちな集落が多くあるようです。

こういった支援が遅れがちな集落のサポートをしてくださる
団体の存在はありがたいです。
直接現地で得られる情報も貴重です。
支援物資も、場所や避難している方たちの世代や人数によって幅があるので。

こういった災害時に何をどこへ送るか、判断を間違えて
望まれない形で送られてしまうとかえって迷惑になることが
過去の数々の災害で指摘されてきました。ボランティア活動もしかり。
そのため、私もそうでしたが
人との繋がりの中での情報を待たれている方も多いと思います。

↓こちらで最新の情報がご覧いただけます。
「南阿蘇災害復興ボランティアよみがえり」フェイスブック

被災地では、震度4、5の大きな揺れが今も続いています。
私の住まいでも震度1、2の揺れは日に何度もあります。
これを書いている今も揺れています。
そのため現時点では、自治体でもボランティアの受け入れを制限しているところが多いです。

今、必要とされているのは主に技能系のボランティアの方です。
建築関係の職人さん、重機が動かせる方、
また、中長期滞在できる炊き出しスタッフなど。

状況は刻一刻と変わります。
この先多くの人の手が必要とされることは確かです。

お金は今すぐにも、また長期的にも必要とされます。
支援活動のためのガソリン代や備品の購入など。

———————————————————
(「南阿蘇災害復興ボランティアよみがえり」フェイスブックより)
募金も、集まるところには十分に集まっているようですが、
南阿蘇のほうはスタッフも少なく声がけが出遅れたため、持ち出しで支援活動を頑張っています
復興は長期にわたります

どうぞみなさん
南阿蘇にも
お心添えをお願いいたします!

団体名
南阿蘇震災復興ボランティア・よみがえり
口座名 ミナミアソヨミガエリ

ゆうちょからのお振込みの場合
記号 17130
番号 30663041

ゆうちょ以外からのお振込みの場合
店名 七一八 (読み ナナイチハチ)
店番 718
普通預金 口座番号 3066304

皆様のご支援よろしくお願いいたします
———————————————————

住まいや健康被害の他
経済的な被害も深刻です。
・熊本県の製造業
道路の寸断で流通が困難なため、被災地域以外の生産現場でも
製品が県外へ運べず破棄することになったり。
うちの近くのスーパーでも普段熊本産商品が並んでいた棚が空いたままになっています。

・ホテルなど観光業の相次ぐキャンセル

・農産物の被害
収穫前のスイカの弦が地震で切れた、本来であればいちご狩りでかきいれ時だったいちご農家さん、毎日ぎりぎりの状態で生き物のの世話を続ける畜産農家さん…

これらは消費することが支援にもなりますので
遠方の方にも比較的関わりやすいものと思います。

別府は先週行きましたがほとんど通常通りでした。
湯布院は大分の中でも被害が大きい方でしたが、営業を再開しているところも多いです。

熊本の黒川温泉、こちらも徐々に営業再開が始まっています。
風情があって本当に素敵なところでおすすめです。
もう少し地震が収まってきてからでも、長期休暇の際はぜひおいでください。

また何かあればご報告します。

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記 | コメントをどうぞ