循環農場での一日

3/6(日)は社員研修でお休みをいただき、お客様にはご迷惑をおかけしました。
研修先の小泉循環農場で得た体験は、今後の営業に生かしていきます。

雨の予報が一転、雲は多いながらも青空の見えるいい天気となりました。
いろんなことに夢中になって、つい写真を撮り忘れるので、
画像としては体験したことのほんの一部しか残っていませんが、
循環農場の風景が少しでも伝わればと思います。

IMG_2381IMG_2382

落ち葉かきと地面を覆う竹の刈り方を聞く。落ち葉は野菜を育てる大切な堆肥となる。
大人も子供も総出で落ち葉かき作業。

IMG_2401

作業の後は遊びの時間。落ち葉すべりにロープのブランコ。
小泉さんの魔法で里山は大きな遊び場に変わる。IMG_2402
IMG_2384
IMG_2408誰よりも上手にすべる小泉さん。

IMG_2404IMG_2387落ち葉で作ったサンドイッチ、泥団子。。。土と葉っぱと想像力で何でも作る子供たち。

IMG_2409IMG_2376

発酵してあったかくなった堆肥は生き物たちの寝床。

IMG_2421

人間にとっても寝床?
落ち葉の温床はふかふかで、発酵熱があったかくて、いつまでも離れられないのでした。

IMG_2379

こちらは茅ぶき屋根の家を解体したときに出た茅の山。堆肥になるけど、この日は遊び場。

IMG_2411IMG_2412

子供たちはすぐに楽しい遊び方を思いつく。

IMG_2419IMG_2417IMG_2416小泉美代さん、ガイア食堂のスタッフが用意してくれた食事を囲んで。
元スタッフの今井君が持ってきてくれた黄色い黄金柑は春の色。

IMG_2423小泉英政さん、美代さんご夫婦と、お店のお知らせ「わからんちんさん」でおなじみ、ひょうきんもののなぎお君。

思いっきり遊んで、おなかいっぱい食べて、笑い転げた一日。
けれど研修らしく小泉さんご夫婦を囲って、みんなで話を聞く時間も。
ゆっくりと、密度の濃い時間が流れる。

日々の暮らしの中でなんとなく心にひっかかりながらそれでも仕方ないとか、今はいいや、と流してしまっていることがどれくらいあるだろう。小泉さんはそういうことのひとつひとつときちんと向き合って生きている方なのだと思う。

IMG_2440

土と生きる」おすすめです。

カテゴリー: お茶の水店, 肯定デモってどうだろう   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です