小泉循環農場の循環だより 2016/5/13~5/18

想定していなかった集まり

「憲法肯定デモってどうだろう」の1回目の相談会があった。
循環農場の会員の方、エコロジーショップGAIAのスタッフの方
(GAIAは会社として賛同している訳ではなく、スタッフの方数名が有志で参加している。)
循環農場で研修し、現在、有機農業に取り組んでいる人、後半から参加した人たちも含め15名ほどのとても楽しい会だった。美代さんも参加した。

人づきあいの悪い循環農場で今まで会員の方々との交流は現地見学会や里山ボランティアなど数回、それも原発事故でとぎれてしまった。
まさか、憲法の問題で、このような会が開かれることになるとは、ぼくは全く想像したこともなかった。わが家の野菜を美味しいと感じていただける方ならどなたでも、当然のことながら思想、信条を問わず、職業や信教を問わず、わが家の能力の範囲で受け入れてきた。
もう新しく受け入れることはできないけれど、その考えは変わらない。

循環だよりでは、ほとんど政治問題に触れてなかった。畑や里山を見つめて感じたことを伝える。そのことで十分だと思っていたからだった。
「国に拠らず」や、よねさんの問題は、特別に書かせてもらった。
そういう意味では今回の「憲法肯定デモ」という呼びかけは「これはまた何を突然に!」と思われた方もいたのではないか。やむにやまれずと言うよりも、この時期だからこそ、肯定デモと言う考えを公にしたいとの思いが湧き上がってきた。

今でこそ「循環」という言葉が社会や自然を語る際に欠かせないものとなっているが、循環農場を立ち上げる約20年前はあまり活用されていなかった。
今後、肯定という言葉から社会を見つめることが深まっていけばいいなと勝手に思う。

相談会の話にもどろう。実際の肯定デモはもう少し準備をして機が熟してからということかなと思う。
参議院選挙前に一度という思いもあったが、あせってもしょうがない。
相談会は、ぼくたちから見れば若い人(30歳台)が多く、その人たちの提案はおもしろい。

1つは憲法について講師を招いて勉強会(6/11土)をしようの提案、内容が決まり次第「今日の野菜」の方でお知らせしますので、よかったら御参加ください。
2つ目はネット上(フェイスブック)に憲法肯定の短い言葉を日本全国、世界各地?から募集して、ネット上で終わることのない肯定デモをしようという話。これも具体化したら、お知らせします。(ぼくは手作りのプラカードを持った写真をのせてもらおうと考えている。)

地元成田では「農民平和会議」という集会(6/25土)の企画が進行中、「平和学」についての講師の方の話と、何故かぼくの話の2本立てという中身。これも決まり次第ご案内します。
憲法肯定は長い取り組みになると思います。その後、会員の方々から何通かの感想が届いています。それは次の機会に。

★★★★★★★★★★★★★★★

先日の相談会は、沢山のアイデア、正直な感想、質問など、憲法のこと、政治のことが自由に話せる環境でとても面白かったです。

もっと、もっと色んなところで気軽に、自由に話ができる。そんなことが実現するといいと思いました。
タブーとなりがちな話
でも、誰かにお任せしていれば良い話ではなく 【政治=生活】なんですよね。
私たち庶民の生活の話。意思表示しないと、今の生活さえガラリと変わってしまう可能性がある。
今できる意思表示は選挙にいくこと。

私たちも知らないこと、分からないこと沢山ありますが、勉強してくのってどうだろう?
お互いの知識を出しあって知っていくってどうだろう?
そんなスタンスで「どうだろうの会」(仮)として活動していきたいと思っています。

わからなくったって、なんかおかしいな、知りたいな。という人大歓迎です!
6/11(土)勉強会を企画中。決まり次第、ご案内します!

カテゴリー: お知らせ, お茶の水店, 肯定デモってどうだろう, お茶の水店 大切なお知らせ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です