大分・熊本ガイド 5日目 耶馬溪(番外編~大分日記)

5日目 耶馬渓エリア

本耶馬渓⇒羅漢寺⇒人目八景⇒もみじの湯

この日の行動は昼頃からのんびりと。
中津市内から車を走らせると左手に切り立った岩山が見えてきます。

耶馬溪4
耶馬溪系 青の洞門禅海和尚が30年をかけ、のみと槌だけで掘ったといわれる「青の洞門」。
http://www.city-nakatsu.jp/kankodocs/2013080200107/

■農家レストラン 洞門パティオ
大分県中津市本耶馬渓町樋田180
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700177/

パティオ地元の食材を使ったお惣菜がたくさん!バイキング形式でいただけます。(制限時間あり)

パティオ2座敷もあり、特に子連れで行くときはお昼ごはんはこちらを利用することが多いです。
お土産も購入できます。

大人(中学生以上):1,250円
小学生:820円

■羅漢寺
大分県中津市本耶馬渓町跡田1501
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700036/

羅漢寺お釈迦様が説法されていたインドの山に似ていたことから、インドのお坊さんが、この岩山の洞窟で修行したことから生まれた寺院です。その年が西暦645年といいますから、1300年以上も祈りの場としての歴史があるわけですね。
切り立った岩山やむき出しの断層は、確かに日本ではないような景観です。

羅漢寺リスト歩いて登るルートも楽しいですが、リフトで移動も可能です。
リフトののぼり口に広い駐車場があるので、そこで車を止めてあがります。
リフトは往復で大人700円 子供350円

リフトを降りるとすぐに参道になっていて、境内まではすぐです。

羅漢寺4 羅漢寺5羅漢寺3写真撮影は山門前まで。

境内の五百羅漢の石造が安置された岩窟は圧巻です。
さまざまな表情をした羅漢像の中にひとつは自分にそっくりな像があるといいます。
しゃもじの形の絵馬に祈願を書いて奉納できます。

別料金ですが、本堂の展望台へもぜひあがってみてください。
展望台では、祈りを込めて鐘をひと突きします。眺めも最高です。

■一目八景
大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬3152
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700034/
今回の地震による崖くずれで、工事中の場所もありますが、展望台周辺のお店は元気に営業中。展望台や散策道も問題ありません。
一目八景2
ひとめ八景散策道散策道から入ると、一目八景のビューポイントを通りながら、展望台へと至ります。
一目八景4 一目八景5
木の間からにょきにょきと現れる岩群。名前のつけられたものがあれば、名前のついていないものもありますが、それぞれが不思議な存在感。

一目八景3
緑の季節も美しいですが、秋はもみじが真っ赤に染まり、また違った景観になります。

■もみじの湯
大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬2914
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700160/

一目八景から車で3分の場所にある市営温泉です。もみじの湯休憩所も脱衣場も清潔。緑に囲まれた露天風呂は最高です!

大人(中学生以上): 510円  小学生: 300円

■他にも、自然を感じるなら……

●大谷渓谷
大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700143/
一枚岩の浅瀬が数キロにわたり続いています。素足で歩く沢歩きが楽しめます。

●耶馬溪サイクリングターミナル
大分県中津市耶馬溪町大字柿坂353
http://www.nakatsuyaba.com/docs/2014020700032/

専用のサイクリングロードがあり、車に乗りながらでは味わえない、
耶馬溪の自然を間近に感じながら楽しむことができます。
自転車レンタル 大人:370円 小学生以下:260円

自転車は子供用はもちろん、ママチャリからクロスバイクまで、さまざまなタイプから選べます。
ペットを前かごに乗せられるタイプもあり、愛犬とのサイクリングも可。

カテゴリー: お茶の水店, GAIAブログ番外編~大分日記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です